2021/01/18 17:20

香謡会・第48回素謡会(2006年4月8日)

印刷用ページ
敦盛
敦盛
敦盛1
敦盛1
楊貴妃
楊貴妃
楊貴妃1
楊貴妃1
屋島
屋島
屋島1
屋島1
屋島2
屋島2
50回記念素謡会を
50回記念素謡会を
鞍馬天狗
鞍馬天狗
反省会
反省会
謡い・飲み終わって
謡い・飲み終わって
新入生勧誘
新入生勧誘
新入生勧誘1
新入生勧誘1
勧誘ポスター
勧誘ポスター
勧誘ポスター1
勧誘ポスター1

2006年4月8日
第48回素謡会
杉本町・能研部室
撮影:阪上、西川

(4月3日、新入生勧誘ビラ配布)

香謡会・第47回素謡会(2006年3月11日)

印刷用ページ
連吟・高砂
連吟・高砂
杜若(東京)
杜若(東京)
采女
采女
采女1
采女1
見所
見所
見所1
見所1
忠度
忠度
忠度1
忠度1
養老
養老
養老1
養老1
千手
千手
千手1
千手1
反省会
反省会
反省会1
反省会1
反省会2
反省会2
反省会3
反省会3
反省会4
反省会4
反省会5
反省会5
反省会全員
反省会全員
2006年3月11日
第47回素謡会
(世話人会出席の
村岡さん、山田さん
も参加)
杉本町・いわし亭
撮影:阪上、西川

第46回素謡会のこと-安宅について

印刷用ページ
今年の謡い初めは少し遅く2月11日でしたが「安宅」、「弱法師」、「実盛」、「花月」と大曲揃い。中でも年長組の「安宅」-小書 勧進帳は流石の出来栄えで技量の高さに全員感服しました。
シテ役を謡われた大西 昌先輩(30年卒)が私にメールを下さり、長年の「安宅」に関する想いと感謝の気持ちを託されましたのでここに代わって伝えます。 -原文のまま-

『安宅は教えを受けるときから思いで深い曲でした素謡会の末席を汚すようになって、実力者揃いの皆さんのバックで謡えたらきっと素晴らしいだろうなあ、とかねがね思っていました。一生に一度は謡ってみたい曲でしたから。浅田さんに分不相応と一蹴されるかと思いきや、想定外の快諾を頂き念願を果たせました。実際のところ謡っていて、体力の限界を痛感、中休みがあればよいのにと何度思ったか知れません。しかしお役の方々をはじめ皆さんの素晴らしい謡いに助けられ、盛り上げて頂いて、何とか最後まで謡うことができました。真に有り難いことでした。これが最後のチャンスだったと思います。小生にとってはまさに「一期のおもいでなあ」でありました。機会がありましたら皆さんによろしくおつたえください』

香謡会・第46回素謡会(2006年2月11日)

印刷用ページ
杉本町学舎
学内学舎
部室
部室
実盛
実盛
実盛
実盛
弱法師
弱法師
弱法師
弱法師
花月
花月
花月
花月
安宅
安宅
安宅
安宅
見所
見所
見所
見所
浅田先輩・「九重」
浅田先

輩・「九重」
「九重」:享保八年(西暦1723年)当時に謡われた
京大路の(上る下がるの)呼び名の謡です。
2006年2月11日
本年初謡
杉本町・いわし亭
撮影:阪上、西川

東京1月例会・新年会

印刷用ページ
参加者全員
参加者全員
安達原
安達原
朝長
朝長

2006年1月11日(水) 1月例会・新年会
於 チッソ神楽坂寮
 (円内は山田氏、早退)
「安達原」
  シテ   軽森
  ワキ   田中
  ワキツレ 村岡
  地頭   山口
  地謡   平井、山本
   山田、島岡、玉井、宮澤
「朝長」
   シテ   玉井
   ツレ   島岡
   ワキ    村岡
   ワキツレ  軽森
   地頭    田中

東京12月例会・忘年会

印刷用ページ
参加者全員
参加者全員
安達原
安達原
班女
班女
放下僧
放下僧

大阪から谷口、依田、阪上、松村、寺井先輩(順不同)をお迎えしての賑やかな会となりました。
「安達原」シテ軽森 ワキ田中 ワキツレ村岡 地頭山口  
「放下僧」シテ村岡 ワキ山田 ツレ宮澤 地頭玉井
「班女」シテ阪上 ワキ依田 ワキツレ松村 地頭谷口 地謡寺井

東京香謡会 2005年10月

印刷用ページ
屋島
屋島
野宮
野宮
全員で千秋楽
全員で千秋楽
於チッソ神楽坂寮

「屋島」
シテ  村岡
ツレ  島岡
ワキ  宮澤
地頭  山田
地謡  山口、玉井、山本

「野宮」
シテ  島岡
ワキ  山口
地頭  村岡
(宮澤)