2021/01/18 15:53

東京支部5月合宿のご報告

印刷用ページ

東京支部では昨年に引き続き5月に合宿を行いましたのでご報告します。5月7日(水)~8日(木)、於山梨県山中湖「湖雲荘」。山田紘一郎氏のご尽力でした。車の運転は平井さん、田中さんにお世話になりました。尚、先にご報告した6月例会は6月4日(水)開催が正しく、6月11日を修正ください。

5月7日:「鵺」=シテ玉井、ワキ山口、地頭山田、地謡平井、山本、田中、村岡、宮澤。「杜若」=シテ田中、ワキ玉井、地頭村岡。「頼政」=シテ宮澤、ワキ田中、地頭山本。この後、懇親会→カラオケ大会。

5月8日:「蟻通」=シテ山田、ワキ平井、地頭田中。「源氏供養」=シテ山口、ワキ宮澤、地頭平井。「天鼓」=シテ山本、ワキ村岡、地頭平井。この後「忍野八海」→「富士吉田浅間神社」を散策、うまいうどんを食べて解散。実り多い合宿でした。

「謡跡巡りと謡の会」in須磨浦

印刷用ページ

主題の会を、素謡会例会70回記念にご計画、推進頂きました依田さま、
そのコースプラン、下見から当日の謡跡ガイド、海辺の素晴らしい会場の
設営までお世話頂きました阪上さまに、深く感謝申し上げます。

学習した謡曲の物語や趣きを味わいながら聴いて、謡って、という
貴重な経験をさせて頂けたことは、依田さんのご所感の通りと思います。

福井さんの「能扇」の薀蓄話は、思わぬ習得でした。
素謡会が100曲に達したとの粕谷さんのご報告も感慨です。

阪上さん、西川さんの記念写真、いつもながら有難うございました。
これからも愉しみながら、精進してゆきたいと思います。
よろしくお願い致します。

須磨浦で第七十回記念を祝う

印刷用ページ

第七十回記念素謡会は「謡跡巡りと謡いの会」と銘打ち
五月晴れの好天気に恵まれて遠く明石大橋と淡路島影を望む
松風そよぐ須磨の浦で催しました。
まことに思い出に残る5月17日でした。

参加者は総勢20名。
先に番組でお知らせした方以外に
上村昭一郎(27学)、増田守男(28商)、薮さこ宏子(30家)、
岩崎 錦(31家)、小宮雅彦(43経)、福井芳秀(46商)の各位が
参加されました。

須磨の浦にちなむ謡曲「敦盛」、「須磨源氏」、「松風」、「玄象」
取り上げ、午前中に巡ったそれぞれ謡跡の故事来歴を思い浮かべながら
熱演。謡跡を尋ね曲趣の理解を深めて謡うことの何と素晴らしいこと!
加参加者全員の偽らざる所感であります。
 *別ページ掲載の写真をご覧下さい。

福井芳秀君は依頼に応じて家業ご多忙の中をまげて参加され
「能扇の歴史と使い方」などを製作者の立場からレクチャーして頂きました。
「能扇」から能楽を鑑賞する楽しみを教えてくれたと言えます。

七十回記念で謡った曲数は当初より数えて100曲に達した
開宴の挨拶で粕谷高士氏が指摘された。百番集一冊分を上げたと思うと
これもまた継続した事の価値を痛感します。
100回を目標に精進いたしましょう!

今回の企画と現地下見から謡跡ガイドまで奮闘頂いた阪上嘉之氏に
感謝を表したいと思います。

次回は6月14日(土)で能研部室を予定しております。

第70回素謡会 須磨謡跡巡 謡跡と素謡会(8.5.17)

印刷用ページ
多井畑厄神前で
多井畑厄神前で
鏡の井
鏡の井
松風村雨の墓
松風村雨の墓
松風村雨の墓で
松風村雨の墓で
感激!
感激!
義経腰掛の松
義経腰掛の松
あやめ(文目)
あやめ(文目)
地元の守り神
地元の守り神
多井畑八幡宮
多井畑八幡宮
松風由来
松風由来
なるほど
なるほど
解説中です
解説中です
松風村雨堂.
松風村雨堂.
御本尊の横笛
御本尊の横笛
松風村雨堂
松風村雨堂
松風村雨堂1
松風村雨堂1
松風村雨堂2
松風村雨堂2
須磨寺
須磨寺
首洗い池
首洗い池
洋風の狛犬さん?
洋風の狛犬さん?
敦盛首塚
敦盛首塚
敦盛由来
敦盛由来
霞む明石海峡(一の谷↓)
霞む明石海峡(一の谷↓)
素謡会始まる
素謡会始まる
素謡会場
素謡会場
敦盛
敦盛
敦盛1
敦盛1
須磨源氏
須磨源氏
須磨源氏1
須磨源氏1
見所から
見所から
松風村雨
松風村雨
松風村雨1
松風村雨1
松風村雨2
松風村雨2
玄象
玄象
玄象1
玄象1
2008年5月17日
第70回素謡会
須磨謡跡めぐり
素謡会
場所:シーパル須磨

第70回素謡会 須磨謡跡・懇親会(8.5.17)

印刷用ページ
微かに淡路島と明石大橋
微かに淡路島と明石大橋
砂浜から会場のホテル
砂浜から会場のホテル
砂浜にて
砂浜にて
砂浜にて1
砂浜にて1
砂浜にて2
砂浜にて2
扇のお話
扇のお話
懇親会開始の乾杯
懇親会開始の乾杯
長老
長老
長老
長老
長老?
長老?
36トリオ
36トリオ
いいショット!
いいショット!
御苦労さまです
御苦労さまです
参加者全員で
参加者全員で
2008年5月17日
第70回素謡会
須磨謡跡めぐり・懇親会
場所:シーパル須磨
写真:阪上さん、西川

第69回素謡会8.4.12 & 部員勧誘合戦4.2

印刷用ページ
新年度に
新年度に
熊野
熊野
熊野1
熊野1
花筐
花筐
花筺1
花筺1
見所
見所
見所1
見所1
見所2
見所2
雲雀山
雲雀山
雲雀山1
雲雀山1
雨月
雨月
雨月1
雨月1
懇親会
懇親会
懇親会1
懇親会1
懇親会2
懇親会2
懇親会3
懇親会3
懇親会参加者
懇親会参加者
構内にて1
構内にて1
4月2日部員勧誘
4月2日部員勧誘
応援団
応援団
応援団1
応援団1
構内にて
構内にて
2008年4月12日
第69回素謡会
場所:能研部室
写真:阪上さん、西川

2008年4月2日
新入部員勧誘合戦

3月例会は故太城氏を追悼

印刷用ページ

3月例会は突然逝去された故太城桂子氏(47文)を偲んで
追悼の謡会を催しました。
告別式に参列した寺井久子副会長が当日の様子を詳しく報告され
先月まで仲間のお一人として親しく接していた故人を偲び
献杯して人寿の儚さを実感いたしました。

番組の終曲に際して「追加」に「江口」キリを選びお見送りいたしました。

番組に載せた人以外に
増田守男(28学)、黒河内 靖(28学)、西川隆也(38理)の三氏が出席されました。

来る5月の七十回記念は「須磨の浦」で催すことに決定。
阪上嘉之(36文)幹事から詳しく企画の説明あり、3月14日(金)までに参加者人数を
確認する必要がありますので各位には宜しくお願いいたします。
要領についてはHP「おしらせ」ページをご覧下さい。

                                       素謡会世話人一同




 

太城桂子様(47文)の訃報に接して

印刷用ページ

太城桂子様の突然の訃報に接して心よりお悔やみ申し上げます。
まことに残念の一語につきご遺族に申し上げる言葉もございません。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

仲間に加られお付き合いした期間は3年4ヶ月に過ぎないものの
昨年は教室で生徒たちに能楽の楽しみを教え部員募集に尽されました。
その甲斐あって念願の新入部員が実現しましたが
OB会一同の念願である部活再開へのご努力に対して
大変感謝いたしております。
この方面のご尽力とともに謡曲への純粋な熱意を大いに示され
これからのご活躍を期待する方でした。
若くして(享年61歳)亡くなられたことがまことに残念です。

・平成16年10月23日の第6回総会の記念素謡会の席に飛び込みで参加。
・翌17年2月の第36回素謡会から毎月参加されてきた。
・昨19年春より受け持ちのドイツ語講座にて能楽の説明をされ、
 有志生徒には大槻能楽堂へ 引率して実地解説を試みられた。
・本年2月、第67回素謡会で「富士太鼓」子方を勤められ、
・さる2月28日、今月(3月)予定の「源氏供養」ワキ役を稽古中突然逝去された。

以上、3年4ヶ月の足跡を記してご冥福を祈りたいと思います。
                                       素謡会一同