2019/09/19 13:35

第70回記念素謡会は須磨の浦で催します!

印刷用ページ

来る5月例会は七十回目を記念して「須磨の浦」で催すことになりました。

昨年の「熊野」謡跡巡りに続き、本年は「須磨の浦」を選び
須磨寺(敦盛、義経)・「松風」の由緒ある跡を尋ねてから会場を明石大橋と淡路島影を
眺望できるホテルに移して催します。
会員各位のご参加を心よりお待ちします。

1.日時  平成20年5月17日(土) 午前8時50分JR須磨駅改札出口集合
                       
(時間厳守)
         *第3土曜日です。お間違いなきようお願いします。

2.謡跡巡りコース
    須磨駅よりバスで多井畑厄神下車、「松風、村雨の墓」~義経祈願の多井畑八幡宮
    ~バス~須磨寺参詣(敦盛首塚、義経腰掛の松、敦盛愛用の青葉の笛)~須磨駅
    ~徒歩で素謡会会場へ

3.素謡会会場 「シーパル須磨」 神戸市須磨区須磨浦通り1-1-1
                              電話078-731-6815 
4.費用  12,000円

5.参加ご希望の方
   素謡会世話人(浅田昌弘、寺井久子、松村好明、加藤泰山、依田純一)の各氏へ
   お申し込み下さい。
    *3月14日(金)までにお願いします。

6.記念謡会の各組の選曲は例月の通り素謡会世話人にお願いします。

7.この企画についてのお問い合わせは阪上嘉之氏まで。

                                       素謡会世話人一同
   
    

 

太城桂子様(47文)の訃報に接して

印刷用ページ

太城桂子様の突然の訃報に接して心よりお悔やみ申し上げます。
まことに残念の一語につきご遺族に申し上げる言葉もございません。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

仲間に加られお付き合いした期間は3年4ヶ月に過ぎないものの
昨年は教室で生徒たちに能楽の楽しみを教え部員募集に尽されました。
その甲斐あって念願の新入部員が実現しましたが
OB会一同の念願である部活再開へのご努力に対して
大変感謝いたしております。
この方面のご尽力とともに謡曲への純粋な熱意を大いに示され
これからのご活躍を期待する方でした。
若くして(享年61歳)亡くなられたことがまことに残念です。

・平成16年10月23日の第6回総会の記念素謡会の席に飛び込みで参加。
・翌17年2月の第36回素謡会から毎月参加されてきた。
・昨19年春より受け持ちのドイツ語講座にて能楽の説明をされ、
 有志生徒には大槻能楽堂へ 引率して実地解説を試みられた。
・本年2月、第67回素謡会で「富士太鼓」子方を勤められ、
・さる2月28日、今月(3月)予定の「源氏供養」ワキ役を稽古中突然逝去された。

以上、3年4ヶ月の足跡を記してご冥福を祈りたいと思います。
                                       素謡会一同




 

3月番組のご案内

印刷用ページ

先月例会は例年にない大雪でしたが3月はどうでしょうか。
春到来、日一日と暖かくなるように感じますが如何ですか。
とは言え寒気は当面続く様なので風邪を召されぬようご注意下さい。
3月の番組が決まりましたのでご案内いたします。

1.日時  平成20年3月8日(土) 午後1時半より
2.場所  「いわし亭」 JR杉本町駅前料理屋
3.番組 (敬称略)

.「清経」  年少組
     シテ小宮雅彦、ツレ西岡 茂、ワキ重光静武、地頭加藤泰山

.「班女」  年中組
     シテ依田純一、ワキ粕谷高士、ワキツレ阪上嘉之、地頭松村好明

3.「桜川」   年長組
     シテ浅田昌弘、ワキ大西 昌、ワキツレ山路 章、地頭谷口浩康

.「源氏供養」 女子組
     シテ寺井久子、ワキ太城桂子、ワキツレ巽 直子、地頭藤脇幸子
 追加 (江口キリ)

 午後5時半終了予定

夕食懇談会   終了後同会場にて催します。    以上 

                             素謡会世話人一同
                         

2月例会のご案内

印刷用ページ

今年の冬は地球温暖化の懸念を払拭してくれそうな寒さ厳しい毎日です。
皆様は元気にお過ごしでしょうか。
2月の番組が決まりましたのでご案内いたします。
なお、現役巽嬢は期末試験のため残念ながらお休みです。

・日時  平成20年2月9日(土)  午後1時半より開始
・場所  「いわし亭」 JR杉本町駅前料理屋

・番組(敬称略)
 1.「鞍馬天狗」 
 年少組
       シテ加藤泰山、子方小宮雅彦、ワキ山幡一雄、地頭浅田昌弘

 2・「冨士太鼓」  女子組
       シテ岩崎 錦、子方太城桂子、ワキ藪さこ宏子、地頭藤脇幸子

 3.「二人静」   年中組
       シテ松村好明、ツレ阪上嘉之、ワキ依田純一、地頭粕谷高士

 4.「弱法師」   年長組
       シテ浅田昌弘、ワキ大西 昌、地頭谷口浩康
 付祝言
 
 午後五時終了予定

 夕食懇談会  同席にて引き続き催しますのでご出席下さい。
                                   世話人一同

新年会写真を見ての所感

印刷用ページ

新春の謡初めを実行!
例年1月はお休みだったのが昨年末の会で急遽開催する事になり
12日(土)会場に20名が出席し新年早々のまことに賑やかな会になりました。
その様は写真でとくとご覧願いたい。
番組(別掲)以外に次の人が出席されました。
黒河内 靖(28学)、藤脇幸子(28家)、山路 章(29経)の三氏。

出し物(曲目)は時には謡いなれたものを踏襲する通弊がなきにひもあらず。
ところが今回はさにあらず。「歌占」など見たことも聞いた事も無い難しい曲目で
大勢の人は大慌てに慌てたのではなかろうか。特に地獄の苦患を強吟で謡うなどは
難儀な事でした。
地頭の緊張振りが良く分ったというものですがこれもお稽古の一つでしょう。

長老お二人は「羽衣」を年季の入った謡声で聞かせていただき、
謡の極意は美声にあらず。それを超えた「侘び」、「さび」の域を会得する必要がある
ことを教えていただきました。
この道ははるかに遠く、日々精進せねばならぬとしばし自戒の念。

期待の星、巽嬢は成人式を迎え宴席に参加してくれました。
彼女と60年余の間隔のある傘寿を超えた長老との会合にしばし感激しました。
巽さん、人生も謡も先は長いですよ頑張って下さい!

差し入れの京伏見の銘酒の酔い覚めやらぬうちに思いつくままの感想で
失礼しました。

当会は5月に70回目を迎えます。
昨年の例に倣って趣きのあるところに会場を換えて謡いたいと考えています。

次回は2月9日(土)、「いわし亭」です。

新春素謡会番組をご案内

印刷用ページ

新年を迎える準備などに誠に気忙しい年の暮れですが
皆様は如何お過ごしでしょうか。
間もなく迎える平成20年新春の初謡い番組が決まりましたので
ご案内いたします。

● 日時  平成20年1月12日(土) 午後1時半より
● 場所  「いわし亭」  JR杉本町駅前
● 番組 (敬称略)
  1.「吉野天人」  現役
        シテ巽 直子、ワキ岩崎 錦、地頭谷口浩康
  2.「三輪」  年中組
       シテ阪上嘉之、ワキ依田純一、地頭松村好明
  3.「老松」  年少組
       シテ高橋正克、ツレ林 隆夫、ワキ重光静武、地頭加藤泰山
  4.「歌占」  女子組
       シテ岩崎美枝子、ツレ太城桂子、子方寺井久子、地頭粕谷高士
  5.「羽衣」  年長組
       シテ上村昭一郎、ワキ上田華彦、地頭浅田昌弘 
  付祝言

  午後五時終了予定

  新春懇談会  例会終了後同会場にて催しますのでご参加下さい。
                                        世話人一同

年忘れ素謡会のご案内

印刷用ページ

木枯らし1号が全国を吹き抜け一段と冬らしくなり寒さが身にしみます。
本年最後の年忘れ素謡会をご案内致しますので
元気にご参加下さい。

日時: 12月8日(土)午後1時半より
会場: JR杉本町駅前「いわし亭」

番組: (敬称略)
 1. 「小袖曽我」  年少組
        シテ西岡 茂、五郎林 隆夫、母小宮雅彦、地頭加藤泰山
 2. 「鵺」  年中組
        シテ粕谷高士、ワキ松村好明、地頭坂上嘉之
 3. 「野宮」 女子組
        シテ寺井久子、ワキ藤脇幸子、地頭谷口浩康
 4. 「忠度」 年長組
        シテ山路 章、ワキ堀江義彰、地頭浅田昌弘
 付祝言 

 午後五時終了予定

 年忘れ夕食懇談会  例会終了後同会場にて催します。
                                      素謡会世話人一同

11月例会の様子

印刷用ページ

11月例会を久方ぶりに部室で開催しました。
今回は唯一の現役部員、巽 直子嬢(法1)が「鶴亀」のシテで初参加し
その謡い振りにOB各位の評価を得ました。
ご本人の素質に加えその上藤脇幸子先輩の熱心な指導の成果でしょう。
今後が楽しみです。

参加者は総計20名で番組に載っている人のほか
岩崎美枝子(38家)、高橋正克(39工)、小宮雅彦(43経)、太城桂子(47文)の
4名でした。

席上、今日まで年間10回(1月と8月はお休み)としてきた開催回数を増やすべしとの
提案があり賛成多数により来春1月も開催する事になりました。
「新春素謡会」は12月例会の席でご案内いたします。

次回、第65回例会は12月8日(土)に杉本町駅前「いわし亭」で忘年会を兼ねて
催します。多くの方の参加を期待しています。
                      



 

11月例会の番組

印刷用ページ

秋たけなわの好季節を迎え近郊の山々も紅葉の便りが聞かれます。
皆様は元気にお過ごしのことと存じます。
先月は第九回香謡会総会を盛大に終え会員多数が
参加されました。まことに結構なことでした。

11月の六十四回例会の番組が決まりましたので
ご案内いたします。
なお、今回は現役部員が初参加いたしますのでご期待下さい。

日時: 十一月十日(土) 午後一時半より
場所: 大阪市立大学能楽研究会部室

番組: (敬称略)
 1. 「鶴亀」  現役
        シテ 巽 直子、ワキ 藤脇幸子、地頭 依田純一
 2. 「融」   年少組
        シテ 加藤泰山、ワキ 西川隆也、 地頭 西岡 茂
 3. 「葛城」 女子組
        シテ 藪さこ宏子、ワキ 岩崎 錦、地頭 藤脇幸子
 4. 「高砂」 小謡  上村昭一郎

 5. 「頼政」  年中組
        シテ 依田純一、ワキ 阪上嘉之、地頭 粕谷高士
 6. 「俊寛」  年長組
         シテ 黒河内 靖、ヤス 松村好明、ナリ 阪上嘉之、ワキ 山路 章
        地頭 浅田昌弘
 付祝言

 午後五時終了予定

 夕食懇親会  例会終了後杉本町駅前「いわし亭」にて催しますのでご参加下さい。
                                        素謡会世話人一同  

 

第九回香謡会総会・素謡会・懇親会の写真

印刷用ページ

第九回香謡会総会が39名のOBと今年何年ぶりかで入部の女子現役1名の出席者が一堂に集まりそれはそれは元気に賑々しく楽しく執り行われました。

素謡会はいつもの田中記念館で、総会と懇親会は新しく完成した高原記念館でありました。

昼から5番謡い、総会後の空腹に懇親会は大いに盛り上がり、久々の交友を喜び、上機嫌の満腹感後は誰云うとなく「大阪市大逍遥歌」を腹から歌ってお開きとなった。外の秋風は肌に涼しく高く聳える時計台の灯が青く輝いていた。 また来年も集まろうと・・・。