2019/06/19 00:09

須磨浦で第七十回記念を祝う

印刷用ページ

第七十回記念素謡会は「謡跡巡りと謡いの会」と銘打ち
五月晴れの好天気に恵まれて遠く明石大橋と淡路島影を望む
松風そよぐ須磨の浦で催しました。
まことに思い出に残る5月17日でした。

参加者は総勢20名。
先に番組でお知らせした方以外に
上村昭一郎(27学)、増田守男(28商)、薮さこ宏子(30家)、
岩崎 錦(31家)、小宮雅彦(43経)、福井芳秀(46商)の各位が
参加されました。

須磨の浦にちなむ謡曲「敦盛」、「須磨源氏」、「松風」、「玄象」
取り上げ、午前中に巡ったそれぞれ謡跡の故事来歴を思い浮かべながら
熱演。謡跡を尋ね曲趣の理解を深めて謡うことの何と素晴らしいこと!
加参加者全員の偽らざる所感であります。
 *別ページ掲載の写真をご覧下さい。

福井芳秀君は依頼に応じて家業ご多忙の中をまげて参加され
「能扇の歴史と使い方」などを製作者の立場からレクチャーして頂きました。
「能扇」から能楽を鑑賞する楽しみを教えてくれたと言えます。

七十回記念で謡った曲数は当初より数えて100曲に達した
開宴の挨拶で粕谷高士氏が指摘された。百番集一冊分を上げたと思うと
これもまた継続した事の価値を痛感します。
100回を目標に精進いたしましょう!

今回の企画と現地下見から謡跡ガイドまで奮闘頂いた阪上嘉之氏に
感謝を表したいと思います。

次回は6月14日(土)で能研部室を予定しております。

「須磨浦」例会の番組お知らせ

印刷用ページ

立夏が過ぎて最近は夏日が続きますが
会員の皆様は元気にお過ごしの事と存じます。
期待の「須磨の浦」での第七十回記念素謡会の番組が決まりましたので
お知らせします。

1. 日時  5月17日(土) 午前8時50分 JR須磨駅改札出口集合
        *午前の部(松風、村雨の墓、須磨寺参詣など謡跡を巡り)は
          既にご案内済みのため省略します。 
        *昼食は「シーパル須磨」で取ります。
               (午後0時15分~45分予定)

  「午後の部 第七十回記念素謡会」  
                         午後1時~午後7時予定
2. 会場  「シーパル須磨」 神戸市須磨区須磨浦通り1-1-1
          ℡. 078-731-6815

3. 番組  (敬称略)
  
   「敦盛」  年少組
       シテ 林 隆夫(38理)、ワキ 西川隆也(38理)、
                  地頭 加藤泰山(38商)

   「松風」  年中組
       シテ 阪上嘉之(36文)、ツレ 松村好明(36商)、
                  ワキ 依田純一(36商)、地頭 粕谷高士(33商)

   「須磨源氏」  女子組
        シテ 岩崎美枝子(38家)、ワキ 寺井久子(31家)、
                    地頭 藤脇幸子(28家)

   「玄象」   年長組
       シテ 谷口浩康(28学)、師長 上田華彦(27学)、
       ツレ 山路 章(29経)、ワキ 依田純一(36商)、
                  地頭 浅田昌弘(30経)
    付祝言
   
   午後五時終了予定

4. 夕食懇親会 終了次第同会場にて催します。  
           
*懇親会費 9000円、
              なお午前の部経費(3000円)を含むと
              総額12000円となります。
                                      幹事

素謡例会と、70回記念須磨謡跡巡り参加へのお誘い。

印刷用ページ
依田さま

4月例会のご講評、愉しく拝読いたしました。いつもながら、ありがとうございます。4組の曲目選びに、それぞれのチームカラーが出ていて盛り上がる毎月の例会は楽しいものですね。
5月の、謡跡巡りとその謡跡に因んだ曲目が選ばれた素謡会は、海辺のホテルの素晴らしい眺望との相乗効果で、一段と趣き深い会になることでしょう。
今からワクワク、期待に胸が膨らみますね。

これからの、多くの方のご参加をお待ちしております。

西川さま

4/2チラシ配りと、4/12例会のアルバム、キレイに編集していただきありがとうございました。毎月の写真アップを見るのって!やっぱり愉しいですね。
これからもよろしくお願い致します!!

第六十九回は桜花爛漫の下の謡会でした。

印刷用ページ

「桜花爛漫」の好季節。半年振りに部室へ戻り例会を催しました。

部室に通ずるキャンパスは清掃されいつもの雑然とした雰囲気と
違っていましたが新入生を迎えたこの時期ならではのことでしょうか。
4月2日の新入生登校日には部員獲得のビラ配りに
現役巽嬢を応援して有志数名が参加されたのはこの十日前のこと。
まことにご苦労様でした。
 
今回は総勢21名が参加。
番組記載の人達以外に 増田守男(28商)、岩崎 錦(31家)、
岩崎美枝子(38家)、高橋正克(39工)の各位が地謡に
出られました。

番組順に「熊野」一級、「花筐」準九番、「雲雀山」三級、
「雨月」一級。かなり難しい曲が並びました。
演者の出来栄え満足度はどうだったのでしょうか。

次回、5月17日(土)予定の七十回記念の「須磨の浦謡跡巡りと素謡会」の
説明を受ける。参加予定者20名以上を期待しています。

謡跡「須磨の浦」にちなむ曲目の取り合いを恐れて
ジャンケンにより次の通り決まりました。
  「玄象」年長組、「須磨源氏」女子組、「松風」年中組、「敦盛」年少組。
各組それぞれ狙いの曲を取られたようです。

参加ご希望の人は次の方まで連絡下さるようお願いいたします。
 ・ 阪上嘉之(36文)幹事役、浅田昌弘(30経)、寺井久子(31家)
     松村好明(36商)、加藤泰山(38商)
                                                                  素謡会世話人一同

「京の伝統産業学」講座のご紹介

印刷用ページ
京都市と京都産業大学が協力し、大学生、一般社会人を対象とした京都の伝統産業をテーマとした講座が開かれています。福井芳秀さんから紹介があったもので、福井さんご自身も講師を勤めておられます。講座の内容は、いけばな、きもの、漆器、白磁、京の食、和菓子、能楽( 講師は金剛永謹)などなど16講座が4月12日から7月19日まで毎週土曜日に行われます。福井さんは「末広がりな扇の世界」のタイトルで5月10日に登場されます。受講料は17000円。「京都学」にご興味のある方、詳細は(財)大学京都コンソーシアム(Tel 075-353-9140までお問い合わせください。

4月例会の番組が決まりました

印刷用ページ

彼岸の中日が過ぎ
ようやく桜の開花予報が報道されるようになりました。
桜咲く温暖の4月が間近かに迫ってきました。
4月の例会は母校の能楽研究会部室に戻って催します。

日時  平成20年4月12日(土)  午後1時半より
会場  大阪市立大学能楽研究会部室

番組  (敬称略)
 1.「雲雀山」  女子組
     シテ藪さこ宏子、子方巽 直子、ワキ藤脇幸子、ワキツレ寺井久子、
     地頭浅田昌弘

 2.「熊野」   年少組
     シテ西川隆也、ツレ小宮雅彦、ワキ林 隆夫、ワキツレ加藤泰山、
             地頭西岡 茂

 3.「花筐」   年中組
     シテ粕谷高士」、ツレ松村好明、ワキ阪上嘉之、ワキツレ・地頭依田純一

 4.「雨月」   年長組
     シテ山路 章、ツレ黒河内 靖、ワキ堀江義彰、地頭谷口浩康
   附祝言

 終了予定 午後5時半

 夕食懇談会  
      例会終了後 JR杉本町駅前料理屋「いわし亭」で催します。
                                     
                               素謡会世話人一同   

3月例会は故太城氏を追悼

印刷用ページ

3月例会は突然逝去された故太城桂子氏(47文)を偲んで
追悼の謡会を催しました。
告別式に参列した寺井久子副会長が当日の様子を詳しく報告され
先月まで仲間のお一人として親しく接していた故人を偲び
献杯して人寿の儚さを実感いたしました。

番組の終曲に際して「追加」に「江口」キリを選びお見送りいたしました。

番組に載せた人以外に
増田守男(28学)、黒河内 靖(28学)、西川隆也(38理)の三氏が出席されました。

来る5月の七十回記念は「須磨の浦」で催すことに決定。
阪上嘉之(36文)幹事から詳しく企画の説明あり、3月14日(金)までに参加者人数を
確認する必要がありますので各位には宜しくお願いいたします。
要領についてはHP「おしらせ」ページをご覧下さい。

                                       素謡会世話人一同




 

第70回記念素謡会は須磨の浦で催します!

印刷用ページ

来る5月例会は七十回目を記念して「須磨の浦」で催すことになりました。

昨年の「熊野」謡跡巡りに続き、本年は「須磨の浦」を選び
須磨寺(敦盛、義経)・「松風」の由緒ある跡を尋ねてから会場を明石大橋と淡路島影を
眺望できるホテルに移して催します。
会員各位のご参加を心よりお待ちします。

1.日時  平成20年5月17日(土) 午前8時50分JR須磨駅改札出口集合
                       
(時間厳守)
         *第3土曜日です。お間違いなきようお願いします。

2.謡跡巡りコース
    須磨駅よりバスで多井畑厄神下車、「松風、村雨の墓」~義経祈願の多井畑八幡宮
    ~バス~須磨寺参詣(敦盛首塚、義経腰掛の松、敦盛愛用の青葉の笛)~須磨駅
    ~徒歩で素謡会会場へ

3.素謡会会場 「シーパル須磨」 神戸市須磨区須磨浦通り1-1-1
                              電話078-731-6815 
4.費用  12,000円

5.参加ご希望の方
   素謡会世話人(浅田昌弘、寺井久子、松村好明、加藤泰山、依田純一)の各氏へ
   お申し込み下さい。
    *3月14日(金)までにお願いします。

6.記念謡会の各組の選曲は例月の通り素謡会世話人にお願いします。

7.この企画についてのお問い合わせは阪上嘉之氏まで。

                                       素謡会世話人一同
   
    

 

太城桂子様(47文)の訃報に接して

印刷用ページ

太城桂子様の突然の訃報に接して心よりお悔やみ申し上げます。
まことに残念の一語につきご遺族に申し上げる言葉もございません。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

仲間に加られお付き合いした期間は3年4ヶ月に過ぎないものの
昨年は教室で生徒たちに能楽の楽しみを教え部員募集に尽されました。
その甲斐あって念願の新入部員が実現しましたが
OB会一同の念願である部活再開へのご努力に対して
大変感謝いたしております。
この方面のご尽力とともに謡曲への純粋な熱意を大いに示され
これからのご活躍を期待する方でした。
若くして(享年61歳)亡くなられたことがまことに残念です。

・平成16年10月23日の第6回総会の記念素謡会の席に飛び込みで参加。
・翌17年2月の第36回素謡会から毎月参加されてきた。
・昨19年春より受け持ちのドイツ語講座にて能楽の説明をされ、
 有志生徒には大槻能楽堂へ 引率して実地解説を試みられた。
・本年2月、第67回素謡会で「富士太鼓」子方を勤められ、
・さる2月28日、今月(3月)予定の「源氏供養」ワキ役を稽古中突然逝去された。

以上、3年4ヶ月の足跡を記してご冥福を祈りたいと思います。
                                       素謡会一同




 

3月番組のご案内

印刷用ページ

先月例会は例年にない大雪でしたが3月はどうでしょうか。
春到来、日一日と暖かくなるように感じますが如何ですか。
とは言え寒気は当面続く様なので風邪を召されぬようご注意下さい。
3月の番組が決まりましたのでご案内いたします。

1.日時  平成20年3月8日(土) 午後1時半より
2.場所  「いわし亭」 JR杉本町駅前料理屋
3.番組 (敬称略)

.「清経」  年少組
     シテ小宮雅彦、ツレ西岡 茂、ワキ重光静武、地頭加藤泰山

.「班女」  年中組
     シテ依田純一、ワキ粕谷高士、ワキツレ阪上嘉之、地頭松村好明

3.「桜川」   年長組
     シテ浅田昌弘、ワキ大西 昌、ワキツレ山路 章、地頭谷口浩康

.「源氏供養」 女子組
     シテ寺井久子、ワキ太城桂子、ワキツレ巽 直子、地頭藤脇幸子
 追加 (江口キリ)

 午後5時半終了予定

夕食懇談会   終了後同会場にて催します。    以上 

                             素謡会世話人一同