2021/01/18 15:26

105回例会の様子

東日本大震災の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
大震災の発生とともに福島第一原発の放射能もれ、水素爆発と異常事態が生じ
一月経っても今だ解決の糸口すら見つからないようです。
これから事態はどのように推移するのか大変心配です。
幸いな事に東京在住の会員の皆様には被害があまりなかったとか伺い
ホット一安心いたしております。

そのような不安の中で4月例会を迎えて天気晴朗「桜花爛漫」のキャンパスの部室で
参加者一同は元気に謡い、懇談いたしました。
久し振りに部室に戻り気分も一新して例会を楽しめたことと思います。

参加者は既にご案内の番組記載の人達に加えて、年長組には上田華彦先輩、
谷口浩康先輩、年少組には林 隆夫、高橋正克、山幡一雄、稲葉和男の
各氏が参加されました。総勢20名。

出演曲目は予告通りに「三井寺」、「天鼓」、「三山」そして「熊坂」。
なかでもハイライトは年長組の「熊坂」で、永江長老のシテは逸品の謡を
ご披露されました。
また中休みには「乱曲(蘭曲)・實方」の講義を頂きました。
お蔭で平素の例会雰囲気とは違った真面目な能楽愛好者の集まりでした。

次回5月例会は趣きを変えて「山の辺の道」ハイキングが企画され、
案内がありました。
5月14日(土)近鉄桜井駅に集合して、仏教伝来の地、平等寺、大神神社、
狭井神社、玄賓庵、桧原神社を巡り、同所で昼食をとり「三輪」を謡ます。
                                         依田純一(36商)記